筋トレ

EAAの効果とは?プロテインやBCAAと何が違うの?

2020-02-09

近年、筋力トレーニングやダイエットに取り組む人が増え、世間の認知度が普及しつつあるサプリメント、『EAA』。

 

[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" name="悩んでる人" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="true" src="https://shunbooo.com/wp-content/uploads/2020/04/-e1587803033542.png"] 
聞いたことはあるけど、どんな効果があるの?

プロテインやBCAAと何が違うの?
 [/word_balloon]



そんな疑問を解決していきます。

 

そもそもEAAって何?

一言でいうと、必須アミノ酸です。

 

人体の健康を保つために一番必要な栄養素は、タンパク質です。

タンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類あり、2つに分けることができます。

 

[box class="blue_box" title="タンパク質"]

 ・9種の必須アミノ酸

 ・11種の非必須アミノ酸

[/box]

 

『9種の必須アミノ酸』 = EAAです。

EAAは体内で合成できないため、食事から摂取する必要があります。

 

『11種の非必須アミノ酸』は、体内で合成できるため、食事から摂取する必要はありません。

[aside type="normal"] 補足

非必須アミノ酸は、普段の食事のみで必要な摂取量を満たせるため、サプリメントで摂取する必要はない[/aside]

 

[box class="blue_box" title="必須アミノ酸(EAA)"]

バリン ロイシン イソロイシン 

メチオニン フェニルアラニン リジン 

トリプトファン スレオニン ヒスチジン

 

『バリン、ロイシン、イソロイシン』の3種 = BCAA

[/box]

 

つまり、9種のアミノ酸であるEAAのうち、3種のアミノ酸がBCAA ということです。

 

EAAの期待できる効果は?

EAAの効果

 

EAAに期待できる効果は、主に4つです。

 

[box class="blue_box" title="EAAに期待できる効果"]

1.筋肥大

2.パフォーマンスアップ

3.集中力向上

4.肌や髪の毛がキレイに

[/box]

 

筋肥大

EAAには、筋肥大効果があります。

既にご存じかもしれませんが、トレーニングをしただけでは筋肉は発達しません。

トレーニング後に筋肉の分解→再合成が行われ、再合成の際にタンパク質が必要です。

初心者の人がトレーニングを行い、筋肉が再合成するまでに28日かかるという研究結果も出ています。

トレーニングが習慣化されている人でも6日かかると言われています。

つまり、筋肥大効果を得るにはアミノ酸を毎日摂取することが重要です

パフォーマンスアップ

EAAには、トレーニングのパフォーマンスアップ効果があります。

トレーニングの1時間前にEAAを摂取しない人より、摂取している人の方が扱う重量がアップしたという研究結果が出ています。

トレーニング前にEAAを摂取することで、筋肥大効果に加えパフォーマンスアップにも繋がります。

集中力向上

EAAを摂取することで、集中力が高まります。

トレーニングに限らず、脳のパフォーマンス向上にも効果があるため、サラリーマンの方にもおすすめです。

ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質もアミノ酸からできているため、やる気・集中力向上に関わりがあるからです。

EAAは粉末で売っていることが多く、水に溶かすだけでおいしく飲むことができます。

社員にEAAが支給される会社もあるらしく、職場でEAA摂取が当たり前になる時代も近いかもしれません。

肌や髪の毛がキレイに

肌のハリと弾力を担うコラーゲンも、実はタンパク質です。

そのため、アミノ酸を摂取することで肌の調子が良くなります。

 

また、髪の毛の大部分はケラチンと呼ばれるタンパク質です。

EAAに含まれる必須アミノ酸はケラチンを構成するアミノ酸としても使われます。

そのため、髪の毛の艶、毛量や白髪で悩みがある方もEAAを摂取することで改善が期待できます。

 

EAAの役割は?BCAAやプロテインと何が違うの?

EAAの役割

 

筋肉を合成するには、アミノ酸から『筋肉のタンパク質を作れ』というシグナルを発する必要があります。

そのシグナルを発するのがBCAAの働きです。

[box class="green_box" title="BCAAの働き"]

筋肉のタンパク質合成のシグナルを発信[/box]

 

シグナルを発せられても材料がないと筋肉が作れません。

筋肉を作る材料がプロテインです。

[box class="red_box" title="プロテインの働き"]

筋肉を合成するための材料[/box]

 

EAAは必須アミノ酸で、BCAAが含まれています。

つまり、EAAは『筋肉のタンパク質を作れ』というシグナルを発することが可能です。

必須アミノ酸さえあれば筋肉は合成できることから、EAAはプロテインの働きもします。

[box class="blue_box" title="EAAの働き"]

筋肉のタンパク質合成のシグナルを発信

筋肉を合成するための材料[/box]

 

つまり、『EAAはBCAAとプロテインの両方の働きをする』ということです。

 

体内で必要なのは、あくまで『必須アミノ酸』です。

そのため、体内で合成できる非必須アミノ酸も含まれるプロテインよりEAAの方がより効果的です。

まとめ

それでは、EAAの効果や働きについてまとめたいと思います。

 

[box class="blue_box" title="EAAとは"]

・9種の必須アミノ酸である

・筋肥大や集中力向上に効果がある

・BCAAとプロテインの両方の働きをする

[/box] 

 

-筋トレ

© 2021 しゅんぼーBLOG Powered by AFFINGER5