筋トレ

【初心者必見】スポーツジムを選ぶコツは?

2020-01-26

「筋トレ」もしくは「ダイエット」など、体を鍛えたいからスポーツジムへ行こうかな。


でも、どこのスポーツジムへ行けばいいか分からないという方向けです。


 

ここ最近、短期間で劇的なダイエットの成功を謳うパーソナルジムが注目されていますが、これから始める方はスポーツクラブやフィットネスクラブで充分だと思います。


なぜかというと、スポーツクラブやフィットネスクラブで働いてる人に体を鍛える方法を聞けば教えてくれるからです。


そういったところで働いてる人は、体を鍛える知識をある程度要していますので、パーソルナルジムでなくても正しい知識を手に入れることが可能です。


参考までに、それぞれのスポーツジムの有名どころを書いておきます。

 

▪️パーソルナルジム

 ・ライザップ

 ・24/7ワークアウト

 

▪️スポーツクラブ

 ・KONAMI

 ・ティップネス(TIPNESS)

 

▪️フィットネスクラブ

 ・エニタイムフィットネス

 ・ジョイフィット(JOYFIT)24

     

どこのスポーツクラブやフィットネスクラブを選べばいいのか?

どこのスポーツジムを選ぶかの基準は人それぞれかと思いますが、主に以下の3点かと思います。

 ・料金

 ・設備

 ・立地

女性の場合は、「清潔感」も大事かと思いますが、最近のジムは清掃がいき届いており、どこも綺麗です。着替え室やシャワールームも完備されており、もちろん男女別です。

 

まず初めに「料金」ですが、基本的に月10000円で収まるジムがほとんどで、会費は5000円〜10000円と想定しておけば良いと思います。

 

次に「設備」ですが、自分が鍛えたい部分のマシンがあるかどうかです。同じスポーツジムでも場所によって置いてあるマシンが違います

どこのスポーツジムでも基本的に、無料で見学ができるので、会員になる前にぜひ見学は行った方が良いです。

その際に、マシンの使い方の説明を受けることも可能なので、一石二鳥ですね。

 

最後に「立地」ですが、継続するにはやはり交通の便が良くないと続きません。

家や職場の近く、最寄駅の近くで探すことをおすすめします。

スポーツジムでは、会員費に加えて月1000円くらい払えば個人ロッカーを使うことができます。ジムでしか使わない靴などをずっと置いておくことが可能です。ミニマニストの方には非常におすすめです。

 
 

以上、色々と書きましたが、上に記載した有名なスポーツジムの中から3点の選考基準を軸にして、続けれそうなスポーツジムを選んで頂ければと思います。

-筋トレ

© 2021 しゅんぼーBLOG Powered by AFFINGER5